機能紹介


キャンペーンの登録

表示する広告(このシステムでは広告のことを「キャンペーン」と呼びます)は全て管理画面から登録します。
表示可能なキャンペーンには以下の 3 種類があります。


複数のリンクを設定できる画像広告

画像広告はデータが扱いやすいというのが特長です。
めくれる広告の領域に合わせて専用にデザインしてもいいですし、単にチラシやパンフレットをスキャナで取り込んだものを表示するだけ、という使い方もできます。

画像広告では任意の場所、大きさ、リンク先で複数のリンクを設定することができます。
これにより、たとえば広告画像に「詳細はコチラをクリック」と「今すぐ申し込む」と「お問い合わせはこちら」を入れ、それぞれに「詳細案内ページ」「申し込みページ」「お問い合わせページ」へのリンクを貼るというような使い方ができます。


動きや機能を付けられる Flash 広告

Flash 広告では、画像広告では実現のできない機能や動きを持たせることができます。
Flash 制作の技術があれば、工夫次第で画像広告ではできない、より高度で面白みのある広告を表現することも可能です。


外部から広告を読み込む URL 指定

既にインターネット上に存在していてアクセス可能な URL を指定することで、その指定された画像または Flash をめくれる広告として Motion Ads で表示することができます。

YouTube などの動画配信システムと連携することで、Motion Ads で動画を配信することもできます。
たとえばこのページのめくれる広告をご覧ください。

2 種類のキャンペーン表示エリア

キャンペーンを表示できる領域は、めくれて現れる領域 (表側) と、めくれた裏側の 2 種類があります。
登録したキャンペーンは、それぞれどちらの領域に表示するかを選択することができます。

またそれぞれの領域内での各キャンペーンの表示位置を補正することができます。

表示キャンペーンの指定

めくれて現れる領域 (表側) と、めくれた裏側に対して、常に特定のキャンペーンが表示されるように設定することができます。

めくれる広告の自動クローズ設定

めくれる広告が表示された際、マウスカーソルが広告領域から外れたときに自動的に広告が閉じるか、または閉じるボタンをクリックするまでは開いたままにしておくかを選ぶことができます。

ロード時の自動オープン設定

めくれる広告がロードされたときに、指定した秒数だけ開いて表示することができます。その指定秒数が経過すると、めくれる広告は自動的に閉じます。

外部の広告配信システムとの連携

既にご利用になられている広告配信システムと Motion Ads を連携させることで、既存の広告をめくれる広告として表示させることができます。

たとえばマイクロアド社の MicroAd や Google 社の AdSense など、JavaScript で記述された広告タグを読み込んで表示することも可能です。

※この機能を使用する場合、Web ブラウザの仕様上の制約のため、めくれる広告の自動クローズは必ず無効となり、完全にめくれ終わってから広告が表示され (めくれアニメーション中はローディング画像が表示されます)、Internet Explorer 以外のブラウザでのめくれる広告の表示は行われなくなります

キャンペーンの有効/無効設定

登録はしてあるものの表示はしたくないなどの時のため、各キャンペーンごとに有効/無効を設定できます。
無効になっているキャンペーンについては、編集操作等は可能ですが表示はされません。

キャンペーンの有効期間設定

指定した期間だけ広告を表示するようにキャンペーンを設定することが可能です。
期間限定の広告を打つときなどに便利です。

表示位置の変更

めくれる広告を表示する位置は、ページの左上か右上の 2 つから選択することができ、また、それぞれページの途中から表示できるように、表示位置をずらすこともできます。さらに、指定した HTML エレメント (画像やテーブルなど) の表示位置に合わせてめくれる広告を表示することもできます。

外観の設定

ページの隅でユーザを待っている状態と、マウスがポイントされて広告が広がった状態の見た目をそれぞれ各種変更することができます。

ページの隅へ表示する内容、背景色、大きさ、めくれた広がった時のめくれている部分の色、大きさ、各広告の背景色などが変更できます。

これにより、めくれる広告を挿入するページに合わせてデザインを表現できます。

複数の広告を表示する際の表示方法の切替

複数のキャンペーンが登録されている場合に、そのキャンペーンを表示する方法を変更することができます。


ランダム

登録されている表示可能なキャンペーンから、ランダムに選ばれた 1 つのキャンペーンが表示されます。
表示されるキャンペーンはめくれるたびに変わります。


アコーディオン(横)

登録されている全ての表示可能なキャンペーンが、横方向に等間隔で並びます。
並んでいるキャンペーンにマウスカーソルを合わせると、そのキャンペーンが左右に広がって全体が表示されます。


アコーディオン(縦)

登録されている全ての表示可能なキャンペーンが、縦方向に等間隔で並びます。
並んでいるキャンペーンにマウスカーソルを合わせると、そのキャンペーンが上下に広がって全体が表示されます。

利用状況の表示

広告をはりつけたページが表示された回数(インプレッション数)、同じユーザの重複アクセスを除いた表示回数(訪問数)、その広告がめくれて表示された回数(露出回数)、表示された広告がクリックされた回数 (クリック数)、めくれる広告をクリックして商品購入や会員登録などの最終成果に達した顧客の件数(コンバージョン数。詳細は次項)を広告毎に測定して表 示することができます。

コンバージョントラッキング

ネット広告の費用対効果を測定するためには、広告をクリックした訪問者のうち、どれくらいの人が最終的な成果(商品購入や会員登録など)まで達したかを測る必要があります。

Motion Ads では独自のトラッキングシステムにより、この重要な指標を算出し、表示することができます。

自動ログイン機能

ログインするときに自動ログインを有効にしておけば、次からはパスワードを入力しなくても、自動的に管理画面に入ることができます。

この機能を使用するとブラウザに認証情報が記録されますが、悪意のある第三者からの攻撃を防ぐため、独自開発のクライアント識別機構と認証鍵自動更新機構により守られているので、安全にシステムを利用することができます。